ブログ - その他

ブログ - その他

グランドハイアット東京

昼間であれば自然光の多い左側で撮影し、他のお客様の映り込みは複数枚撮影で削除しよう。ストロボは使用禁止。モラルは守りましょう。
ブログ - その他

イングリッシュローズの庭

同じ場所・構図でも最低でも4枚以上は撮影し、お花の多い場所ではボケ量を抑えた撮影も行おう。日中~夕刻の撮影は夕刻の逆光の光を意識し、50mm以上の望遠域はストロボや声掛けで撮影の合図を送ろう。
ブログ - その他

春のポートレート

角度や位置を考察し構図と配色を変えてみよう。ハイアングル撮影は狭い場所では効果的で実用的。絞りの値については背景との関係・関連性を考慮し、逆光撮影の場合には部分・スポット測光を選択しよう。
ブログ - その他

Nikon Z9

起動時間約0.4秒でセンサーシールドを備えた4軸チルトモニターのフラッグシップミラーレス「Nikon Z9」。高効率RAWでファイルサイズを抑え、向上した瞳AFの精度と3Dトラッキング機能。高速書き込みや暗所撮影における様々な機能を活用し撮影の幅を最大限に広げよう。
ブログ - その他

NIKKOR Z 24-120mm f/4 S

70mmから120mmのなだらかなボケと圧縮効果、望遠域の解像度はまるで単焦点レンズのよう、文句無しの逆光耐性で夕刻時も安心して撮影可能。
ブログ - その他

NIKKOR Z 40mm f/2

安価・軽量で小さく程良い40mmの焦点距離。Fマウントの様な描写だがポートレート撮影においては問題なし。最短撮影距離はテーブルフォトでも扱いやすい0.29m。
ブログ - その他

スタジオコローレ

スタッフの方々は予約から親切丁寧な対応。地下一階の黒ホリは男性更衣室から直通、撮影サービスのカメラマンさんが優秀で素敵なシェアスタジオ。
ブログ - その他

象の鼻パーク

自然光撮影ではキャッチライトを入れ、緑のある場所では可能な限り緑を活用。緑と青を併用し豪華な配色で撮影、夜景ポートレート撮影はLEDライトをフル活用しよう。
ブログ - その他

カメラマンという仕事

三脚自撮り撮影はカメラマンになっても役立つ。物撮り撮影では構図が命、ボケは不要。不動産撮影では回転軸をいかに早く取るかが勝負の分かれ道。
ブログ - その他

桜ポートレート2

桜と人物の距離は可能な限り同じにしよう。自然光撮影では逆光になる場所を探し、夜桜ポートレートはクリエイティブな撮影に挑戦しよう。
ブログ - その他

機材レビューポートレート

「NIKKOR Z 50mm f/1.2 S」の驚愕のボケ味と逆光耐性。「NIKKOR Z 20mm f/1.8 S」の超広角構図力が試されるポートレート撮影。「Nikon Z7II」Ver1.10の新瞳AFは、前髪で目が隠れなければしっかり追従。望遠単焦点レンズの発売が楽しみなZマウントである。
ブログ - その他

Nikon Z6II・Z7II

ユーザーの要望に応えるような堅実な進化を遂げた「Nikon Z6II・Z7II」。初代機からの買い替えについては個人の用途次第だが、ファームウェアアップデートによる今後の進化に期待しよう。
ブログ - その他

NIKKOR Z 50mm f/1.2 S

開放値f/1.2で強烈な光学性能を誇る至高の50mm「NIKKOR Z 50mm f/1.2 S」。フリンジやゴースト・フレアを気にせず、開放f/1.2からの描写力とボケを楽しもう。
ブログ - その他

NIKKOR Z 20mm f/1.8 S

超広角ながら大変扱いやすい20mmの世界「NIKKOR Z 20mm f/1.8 S」。最短撮影距離0.2mでボケも楽しめ、構図力が試されるがポートレートにも使用可能。
ブログ - その他

レンズレビューポートレート

撮影許可についてはロケハンの際に取得しよう。ガラスのある場所ではライティングの角度を考慮、イルミネーション撮影はモデルさんへの色被りに注意して撮影を行おう。
ブログ - その他

AF-S NIKKOR 28mm f/1.4E ED

スマートフォンの普及により現代では標準域とも扱われる画角の「AF-S NIKKOR 28mm f/1.4E ED」。周辺減光・パースペクティブ・絞った際の点光源を上手く調整し、風景・ポートレートなど多彩に使いこなそう。
ブログ - その他

桜ポートレート

広角レンズ撮影ではパースペクティブ等に注意を払い沢山の桜の彩を採り入れよう。望遠レンズ撮影では圧縮効果を有効活用、余裕があればストロボを有効活用しよう。
ブログ - その他

イルミネーション撮影3

暗所でのピント合わせ・機材確認などに安価なLEDライトを購入し有効活用しよう。ISO感度は光量の多い場所では200から、パノラマポートレートは日頃から訓練しておこう。
ブログ - その他

Nikon Z6・Z7

大口径「Zマウント」と新開発の「ハイブリッドAFシステム」搭載フルサイズミラーレスカメラ「Nikon Z6・Z7」。画素補間なき「Nikon D850」が画質は上だがその機会は非常に限定的。容易に最良の結果を出せるフルサイズミラーレスカメラの魅力に別の視点から注目します。
ブログ - その他

夜景ポートレート2

撮影に入る前に洋服の確認を行い、放射線構図など魅力のある構図を探そう。撮影画像の確認時にはモデルさんはその場で待機、光源との距離を確保しよう。
タイトルとURLをコピーしました